WDW

【WDW】番外編:メモリーメーカー・フォトパス解説!カメラマンはどこにいる?マジックフォトとは?

フロリダのウォルト・ディズニー・ワールド(WDW)では、グリーティングをはじめ、リゾート内のいろんな場所でフォトパスカメラマンさんが写真を撮ってくれます!

この記事では、『フォトパス』と、撮影してもらった写真を枚数無制限でダウンロードできる『メモリーメーカー』について解説します!

DCL&WDW 旅行記目次〈2019年5月〉2019年5月に新婚旅行で行ったウォルト・ディズニー・ワールドとディズニー・クルーズ・ラインに関する旅行記ブログ目次です。 D...

フォトパスとは?

フォトパスとは、WDWのリゾート内でカメラマンさんが写真を撮影してくれるサービスです。

撮った後にカメラマンさんの端末でマジックバンドを読み取ってもらいます。
数分~数時間後にMy Disney Experienceから写真が見られるようになります!

撮影は無料で、写真を購入する場合に料金がかかります。

フォトパスカメラマンは、ベージュのベストと首元のフォトパスマークが目印です(^^)/

フォトパス撮影場所

フォトパスの写真(または動画)は以下の場所で撮影してもらえます。

  • パーク内のフォトスポット
  • キャラクターグリーティング
  • アトラクション(※一部)
  • キャラクターダイニング(※一部)

 

パーク内のフォトスポット

パーク内にはたくさんのフォトパスカメラマンさんがいます!

例えばマジックキングダムのシンデレラ城やウォルト像など、あ~写真撮りたいな~!と思う場所には大抵います。

カメラマンさんのいる場所はアプリでチェックできます(・ω・)ノ

シンデレラ城の前は数メートル置きにカメラマンがいました( ゚д゚)!

アプリでピンが立っていても、カメラマンがいないときもありましたが、時間を空けてから来るといたりします。

海外旅行では自分のカメラで誰かに頼んで撮ってもらうことがなかなかないので、自撮りでなく2ショットを撮れるフォトパスは重宝です!!

キャラクターグリーティング

キャラクターグリーティングの場所にはフォトパスカメラマンさんがいます。

舞浜と違って何カットも撮れます♡

  • みみと2ショット
  • くまくんと2ショット
  • くまくん&みみと3ショット

カメラ目線での写真の他に、キャラクターと触れ合い中の写真を撮ってくれることもあります(●´ω)

全部で何枚撮ってくれるかはカメラマン次第なので運任せです。私たちの場合は少ないときで8枚、多いときで20枚でした。

アトラクション

一部のアトラクションでライドショットの撮影があります。
中には写真ではなく動画が貰えるアトラクションもあるんです!

写真・動画の受け取り方法は2つのどちらかでした。

  1. アトラクションを降りたところにモニターがあり、自分が写っている写真の下のセンサーにマジックバンドをタッチする
  2. マジックバンドのGPS機能で自動反映される

自動反映の場合、My Disney Experience で表示されるまでに12日かかることがあります。

GPSで正確に位置把握するのは難しいからか、別の人の写真が反映されることも、自分の写真が反映されないこともあります。

2日で4パーク回ったのでアトラクションはあまり乗れていないのですが、私たちがライドショットを貰えたアトラクションはこちら!
(乗ってないけど調べて分かったアトラクションは薄い灰色で書いてます)

<マジックキングダム>

  • 七人のこびとのマイントレイン 動画
  • スペースマウンテン
  • バズライトイヤーのスペースレンジャースピン
  • ホーンテッドマンション
  • スプラッシュマウンテン
  • カリブの海賊

<エプコット>

  • テストトラック
  • フローズン・エバー・アフター

<ハリウッドスタジオ>

  • トワイライトゾーン・タワー・オブ・テラー 動画
  • スリンキー・ドッグ・ダッシュ
  • ロックンローラー・コースター

<アニマルキングダム>

  • エクスペディション・エベレスト
  • ダイナソー

メモリーメーカーとは?

フォトパスの写真は、116.95ドルでダウンロードできます。え、高すぎる!(笑)

メモリーメーカーはフォトパスの写真&動画を枚数無制限でダウンロードできる商品です。
最初の1枚をダウンロードした日から30日間有効です。

料金は以下の通り。

  • 撮影日の3日前までに購入:169ドル
  • それ以降の購入:199ドル

2万円前後と可愛くないお値段ですが、写真大好きなので購入しました♡

みみ
みみ
グリーティングでは自分のカメラでも撮ってもらいましたが、設定が完璧ではないので画質がよくなかったりブレたりしました。フォトパス写真はとっても綺麗でした!
フォトスポットでの2人の写真も、他のゲストに頼む必要なく撮ってもらえます!
パーク滞在は合計しても丸2日未満でしたが、270枚撮ってもらえました(●´ω)

お値段は高いですが、WDW長期滞在する方はもっと撮影チャンスがあると思うのでおすすめです♪

ちなみにMemory Maker One Dayという1日分69ドルのメモリーメーカーもあるらしいので、短期滞在の場合は使えるかもしれません。

くま夫婦は、夜だけ+丸1日+午後だけの計3日パークインしたので、通常のメモリーメーカーのほうが安かったです。

メモリーメーカー購入方法

My Disney Experienceから購入します。

WDWはパークチケットもマジックバンドもメモリーメーカーもMy Disney Experienceのアカウントに紐付いているのですべてここで管理できます♪

現地でマジックバンドをフォトパスカメラマンの端末にタッチすれば、My Disney Experience で写真が見られるようになります。

メモリーメーカーも同じアカウントに紐付いているので、そのままダウンロードできるようになります(^^)

帰国後にパソコンから一括ダウンロードするときの注意

パソコンでMy Disney Experienceのフォトパス画面を開いても、一括ダウンロードボタンがどこにも見当たらず、ネットで調べまくりました;

まずどれか1枚ダウンロードすると、画面に一括ダウンロードボタンが表示されるようになります。

分かりづらい(´ω`)

メモリーメーカーは事後購入もできるので、帰国してからやっぱり写真が欲しくなった!という場合も、写真の保管期限45日以内に事後購入すれば、フォトパス写真をダウンロードできます。

 

メモリーメーカーの写真編集

WDWのフォトパス写真は、香港ディズニーのフォトパスやディズニークルーズのシャッターズのようなフレーム等はついていません。

でも、ダウンロードする前に加工できます♪

こんな感じでフレームをつけたり、スタンプを貼ったり!

ちょっとアクセントが足りないなぁ~と思ったら、試してみてはいかがでしょうか(^^)

マジックフォト(マジックショット)とは?

フォトパスカメラマンさんに撮影してもらうとき、時々ポーズを指定されることがあります。

出来上がった写真を見てみると

キャラクターが現れたり、動物が現れたり!
出来上がってからのお楽しみです♡

ちなみにマジックフォトではなく単純にポーズ指定されるだけのこともあります

 

以上、WDWのフォトパスとメモリーメーカーの解説でした(●´ω)

 

*みみ*

DCL&WDW 旅行記目次〈2019年5月〉2019年5月に新婚旅行で行ったウォルト・ディズニー・ワールドとディズニー・クルーズ・ラインに関する旅行記ブログ目次です。 D...