アイテム

海外ディズニー旅行の持ち物チェック!必需品や持ち込み禁止を事前に確認しておこう!

くま(@kuma_fufu)です!

海外ディズニーリゾートに行こうと決心したけど、何を用意したらいいかわからないという人向けに必需品や持ち込み禁止の持ち物をまとめてみました。

くま夫婦も初めての海外ディズニーはいろいろと調べまくったので、ひとつの参考になればと思います!

楽しい海外ディズニーをいい思い出にするために、忘れ物がないようにしましょう(*^_^*)

海外ディズニーに行くときの必需品

海外ディズニー共通の必需品

まずは海外ディズニーの共通の必需品からです。

基本的なものになりますが、とても重要なものばかりなので、確実に準備するようにしてください。

海外ディズニー共通の必需品
  • パスポート
  • 航空券
  • クレジットカード・現金
  • スマートフォン・モバイルバッテリー
  • Wifiルーター
  • パークチケット(DCLであればブックレット)

パスポート

海外旅行に行くならば1番最初に思いつくであろう持ち物であり、絶対になくしてはいけないものです。

初めて海外旅行に行きたいと思ったら、旅行日程を決める前にパスポートを発行しておきましょう。なぜなら発行まで時間がかかるからです!予約などにもパスポートの旅券番号が必要になることもあるので事前に持っておくと安心です。

新しくパスポートを申請する場合は、外務省の公式ホームページを参照してください。

パスポートの申請から受領まで|外務省

また、海外旅行の際はかならず肌身離さずに持っておくべきものです。海外旅行中になくしたり盗まれたりしたら、もう旅行を楽しむことはできなくなってしまいます。

パスポートケースは必ず首からかけるタイプか、腰につけるタイプのウエストポーチがおすすめです。僕は首からかけるタイプをずっと使用しています。

目的地までの往復航空券は飛行機に乗るために必ず必要です。ツアーだろうと個人手配だろうと必要になります!自分はどっちが合っているかは以下の記事を参考にしてください。

【ツアーor個人手配】海外旅行は5つの不安と相談して計画しよう!【海外ディズニー】海外ディズニー・海外旅行に行ってみようと考えているけど何かしらの不安がある人は多いはずです。 「ロストバゲージしたらどうしよう」と...

クレジットカード・現金

現地で買い物する際にはクレジットカードまたは現金を持っておきましょう!海外ディズニーランドはだいたいクレジットカードが使えるので、そこまで現地通貨を持っておく必要はありませんが、何かのために少しは持っていくべきでしょう。

くま夫婦は、海外ディズニーに行くときはクレジットカードはVISAとMasterCardの2枚、現地通貨は日本円で5千円〜1万円ほど用意しています。

※僕はJCBがメインカードですが、やはり海外では使える場所が限られてきます。

スマートフォン・モバイルバッテリー

スマートフォンは海外ディズニーを100%楽しむためには必需品です!なぜなら、ディズニーアプリがとても便利だからです!

待ち時間を確認したり、ファストパスをとったり、あらかじめモバイルオーダーで飲食物を注文しておいたりとなにかと役に立ちます。DCLであれば、その日のイベントスケジュールなどが確認できます。

またスマホはかなり頻繁に利用するので、なにかのためにモバイルバッテリーは持っておくべきです。

モバイルバッテリーはスーツケースには入れてはだめです。機内持ち込みのみ可です。また、大容量のモバイルバッテリーは持ち込み不可になるので注意。

海外旅行・普段使いの両方でAnkerのモバイルバッテリーを利用していますが、容量的にも問題なくおすすめです!

Wifi ルーター

海外のディズニーリゾート内はWifiはかなり整備されていますが、場所によっては接続が悪いことが多く、結構ストレスがたまります…

さらに、ディズニーリゾートまでのバスやタクシーの移動中は使えなくなってしまうので、事前にWifiルーターを日本から持参していくのがベストです。Wifiルーターを節約したとしてもそこまで大きく料金は変わりません!

我が家は海外旅行では、いつも安さと使いやすさの観点からグローバルWiFiを利用しています!

パークチケット(DCLであればブックレット)

海外ディズニーリゾートのパークチケットは基本Eチケットなので、スマホの画面を見せれば入園できますが、スマホが使えないという状況も考えてプリントアウトしていくほうが良いです。

DCLであれば、事前に送られてくるブックレットを必ず持参しましょう!

パークチケットは現地で購入することもできますが、事前に日本で購入しておいたほうがスムーズに入園できます。

事前にパークチケットを買うならミッキーネットKKdayが利用しやすいです。

購入できるチケットの種類

  • ミッキーネット:DCL/WDW/カリフォルニアディズニー/香港ディズニー
  • KKday:カリフォルニアディズニー/香港ディズニー/上海ディズニー/パリディズニー

海外ディズニーリゾート別の必需品

WDW・カリフォルニアディズニー・DCL

アメリカに観光に行くときに必要となるのは『ESTA(エスタ)』です。観光で渡米する際は必ず事前申請が必要になります!申請書を持参する必要はないですが、なにかのためにプリントアウトしておきましょう。

ESTAは、ビザ免除プログラム(VWP)を利用して渡米する旅行者の適格性を判断する電子システムです。ESTAは米国国土安全保障省(DHS)により2009年1月12日から義務化されました。ビザ免除プログラムを利用して、90日以下の短期商用・観光の目的で渡米しようとするビザ免除プログラム参加国の国籍の方は、米国行きの航空機や船に搭乗する前に、電子渡航認証を受けなければなりません。

ESTA(エスタ)申請|在日米国大使館・領事館

ネットで調べれば自分で申請することもできますが、ちょっと難しそうだなと思う人はESTA代理申請もできるので利用してみるのもいいと思います。

香港ディズニー・パリディズニー

アメリカや上海の電源プラグは、日本のものでも使えるようになっていますが、香港ディズニーランドとパリディズニーランドでは、電源プラグの形が異なっているため、変換用のアダプターが必要になります。

香港ディズニーではホテルによって変換プラグが用意されていることもありますが、念の為持っていったほうがよいでしょう!

海外ディズニーに持ち込み禁止なもの

持ち込みが禁止されているものを抜粋しました。言うまでもなく禁止されているものは、記載してません。

海外ディズニーランドで持ち込みが禁止されているもの
  • アルコール(ディズニーで提供されるもの以外)
  • ガラス用品(赤ちゃん用の容器はOK)
  • 大きいバッグ、箱、クーラー、荷物。(WDWは61cm × 38cm × 46cm)
  • 車輪付きの荷物。
  • ドローン、遠隔操作のおもちゃ、スケートボード、インラインスケート
  • 横79cm・高さ132cmを超えるベビーカー
  • 折りたたみ椅子
  • 自撮り棒
  • 大きな三脚

どこのディズニーランドも同じようなものを禁止しています!特に気をつけなければ行けないのが自撮り棒・折りたたみ椅子・大きな三脚。

自撮り棒・大きな三脚は東京ディズニーランドでも禁止されているので知られているかもしれませんが、折りたたみ椅子は意外と知らない人も多いはず。入園の際に没収されてしまうので持ち込まないようにしましょう。

ちなみに、自撮り棒についてはGoProのショーティー程度の長さであれば問題なかったです。

それ以外の持ち込み禁止のものに関しても一度公式を目に通しておきましょう。香港は日本語版もあってありがたいです(*^_^*)

持っていると便利なおすすめグッズ

最低限の必需品と禁止事項がわかったところで持っていたら便利なアイテムを紹介していきます。

香港や上海であればスーツケースなしでもいけますが、パリやアメリカはかなり遠いのでしっかり準備していきましょう!

飛行機内を快適に過ごすアイテム

ネックピロー

長時間の飛行機滞在はかなり体が痛くなります。ビジネスクラスであればいらないかもしれませんが、エコノミーであればあるとないとでは降りた後の疲労感がちがいます。

そして、選ぶなら空気を抜くことができる収納性に優れたのがおすすめ。

二つ折携帯用スリッパ

飛行機内で靴をずっと履いているのもかなりきつくなってくるので、飛行機内はスリッパに履き替えるのが楽になります。こちらもかさばらないように折りたためるのがおすすめ!

上海・香港あたりであれば特に不要です!

のどぬ〜るぬれマスク 立体タイプ

機内は乾燥しやすいので、乾燥をふせげるマスクも用意しておきたいアイテムです。少しでも乾燥を防ぐためにも持ち込んでおきましょう!

長距離フライトは疲れを残さないのが鉄則!服装は伸縮性があるのがよし!人によっては耳栓やアイマスクを持参するのがおすすめです!

スーツケースの荷造り

飲料水、お茶、インスタント食品

行きのスーツケースはお土産分のスペースを空けているので、そのスペースには飲料水・お茶やインスタント食品を入れていくことをおすすめします!

なぜなら、パーク内でお水を買うと$3.5もするから!

WDWに行ったときは500mlのペットボトルを6本ほど詰めていきましたがそれでも全く足りなかったので、もっと持っていっても良かったかもしれません。結局パーク内で3本ほどお水を買いました。

それと日本食が恋しくなってくるのでインスタント食品も持っていきました。コーヒーメーカーなどでお湯を沸かすことはできるのでおすすめ♪紙コップや使い捨てのフォークも併せて持っていくとよし!

アメリカは肉類の持ち込み禁止です!!
カップラーメンのチキンエキスもNGです。肉の入っていない雑炊、うどんなどであれば大丈夫なので、しっかり原材料を見て選びましょう。

トラベルポーチ

スーツケースの中を整理するためにも持っておきたいのがトラベルポーチ!どんなものでもいいですが、最低でも大小含めて4点ほどにわけられると整理しやすいです。

普段旅行で使わないときでも、自宅用としても整理しておけるので重宝しております。

衣類圧縮袋

衣類圧縮袋はとても便利!これがあるとないとではスーツケースの余白も段違いです!帰りのお土産を考えればできるだけスーツケースは空けときたいですからね。

特に冬場は衣類も多くなるので大活躍です。

ラゲッジチェッカー

お土産を最大まで持って帰りたいという方には必須なのがラゲッジチェッカー。飛行機に預けられる重さは決まっているため、制限の重さを超過してしまうと何かスーツケースから取り出さなければならなくなってしまいます。

なので、ホテルなどで事前に測っておいて空港で慌てないように準備しておきましょう!

スーツケースの中は整理が必須!なぜならその分お土産を詰め込むことができるから!ただし重量には気をつけて(´・ω・`)

 パーク内で持参したいもの

ウェットティッシュ

何かと便利なウェットティッシュ。海外旅行中手を拭きたいと思ったときになにもないと意外と困ってしまいます。ポップコーンとかパークフードを食べるときに必ず役に立ちます♪

海外ディズニーに限らず、東京ディズニーでも役に立ちますが…w

レインコート or ポンチョ

レインコートorポンチョも持っていったほうがいいアイテムです。

日本のアトラクションと比較にならないほど、かなりずぶ濡れになるアトラクションが存在するからです!濡れるアトラクションの近くにはポンチョが売っていますが、あまり質はよくないのであらかじめ持っていったほうがよいです。

夏場は暑いしすぐに乾くのでむしろ濡れてもいいですが、冬場にかけてはやはり対策が必須になります。

日焼け止め

WDWやカリフォルニアディズニーにいくなら、日焼け止めは持っていくべきものです。日本に比べてかなり紫外線が強く、ちょっと油断するとすぐに日焼けしてしまいます。

肌が弱い僕としては必須アイテムです…

サングラスで対策しておくのも吉です(*´∀`)

まとめ

いかがだったでしょうか?

海外ディズニーを最大限楽しむためには、事前の準備がとても重要になってきます。旅行先であたふたしてしまってはもったいないです!

日本での1時間と海外ディズニーでの1時間は同じ価値ではありません!

しっかり準備して、最高の海外ディズニー旅行にしましょう♪

【ツアーor個人手配】海外旅行は5つの不安と相談して計画しよう!【海外ディズニー】海外ディズニー・海外旅行に行ってみようと考えているけど何かしらの不安がある人は多いはずです。 「ロストバゲージしたらどうしよう」と...
DCL&WDW 旅行記目次〈2019年5月〉2019年5月に新婚旅行で行ったウォルト・ディズニー・ワールドとディズニー・クルーズ・ラインに関する旅行記ブログ目次です。 D...
カリフォルニア(ロサンゼルス&アナハイムディズニー) 旅行記目次〈2019年11月〉2019年11月のロサンゼルスとカリフォルニアディズニーに関する旅行記ブログ目次です! 今回の旅行記は時系列ではなくテーマごとに記...